ハッピーメール

ハッピーメールとは?

ハッピーメールはサイトの誕生から19年間で累計登録者数2000万人を越える日本最大級の老舗マッチングサイトです。このサイトの長所はその圧倒的な会員数から生まれる出会いの「質」や「量」だけでなく、安心かつ安全なサポート体制が構築されている点にあります。
マッチングサイトといえば大小さまざまなサイトがあり、そのなかには質の悪いサイトも当然あります。ですが、ハッピーメールは福岡公安委員会にインターネット異性紹介事業届出をしっかりと出しており認定もされています。また、第二種電気通信事業者の届け出も提出しており、消費者保護やプライバシー保護の充実ぶりがうかがえます。さらに、認定個人情報保護団体である特定非営利活動法人 日本個人・医療情報管理協会が認可するJAPHICマークも取得しており、個人情報保護の観点から言っても安心できます。また、Mac用アンチウィルスソフトで世界シェアNo.1を誇るノートンインターネットセキュリティも採用されており、悪意のあるマルウェアなどからの個人情報流出にも万全の対策を敷いています。マッチングサイトでありながらこれほどまでにユーザー保護に資本投下できるのは、やはり規模が大きく、多くのユーザーから支持を得てるが故でしょうか。加えて、年中無休の24時間体制でユーザーサポートも行っており、ユーザー全員が安心してサービスを利用できる環境を提供しています。筆者も一度料金のことでサポートセンターに質問したことがありましたが、対応がとても丁寧でこちらが納得するまで長時間質問に答えてくださいました。ユーザーサポートで言えば、ハード面、ソフト面ともに国内最優良クラスのマッチングサイトです。
次に、ハッピーメールの最大の長所である会員登録数の多さについて説明させていただきます。マッチングサイトを利用される方へのフィードバックで一番多いのは、「自分の好みのタイプの異性に出会えなかった」という意見です。出会えるには出会えるのだけど、何か違う気がするな~と思ってしまうのは、単純に出会える「量」が少ないからです。筆者もよく、自分の好みのタイプの方が明日突然目の前に現れないかな、と妄想してしまうことがありますが、現実はそう甘くはありません。急がば回れとはよく言ったもので、探して探して探しまくるのが一番の近道なのです。その点、このハッピーメールは国内最大級の会員数に加え、検索システムも優れていて、プロフィール画像検索で年齢、地域、身長、興味あること、などさまざまな項目を瞬時に調べられるようになっています。理想の異性を探すにはもってこいの環境ですね。
また、このハッピーメールは既存の会員数の多さに加え、会員数増加率もすさまじく、男女ともに20代から40代以上まで幅広く会員数が分布しています。男性は20代、30代、40代以上のカテゴリがほぼ均等に分布していて、女性の方は20代が過半数、30代と40代以上がそれぞれ残りの半分ずつという構成になっています。私が今まで見た中で20代の会員数がこれほどにまで多いマッチングサイトは初めてでした。20代の異性を求める方々にとっては最高のサイトだと断言できます。また、一般的に出会いの「量」が少なくなるとされている40代以上の方々にとってもぴったりのサイトと言えます。女性の40代以上の会員の割合は4分の1ですが、分母がとてつもなく大きいので、そこら辺のマッチングサイトや結婚相談所なんかに行くよりは、ハッピーメールで探した方が低コストかつ迅速に出会えます。

 

ハッピーメールの料金体系

原則的に女性は無料で男性とコミュニケーションができるようになっています。ただし、女性同士のやり取りや一部のコーナーについては有料です。良心的ですね。
男性はポイント制になっています。約10円で1ポイントの相場になっていて、各アクションごとにポイントが必要なシステムになっています。例えば、プロフィールや日記の閲覧は無料、女性へのメッセージ送信は5ポイント消費、といった具合です。一見して割高なように見えますが、コツをつかんでうまくやれば消費ポイントはこのメッセージ送信費用だけで済みます。メッセージ5通でLINEやTwitterや個人用のメールアドレスを交換できれば総費用は300円以下となりかなりのお得感がありますね。結婚相談所の費用などとは比べ物になりません。詳しくは後述します。
ちなみに、このポイントは各種キャンペーンやログインボーナスなどで無料で手に入ることも多々あり、ハッピーメールの使い方に慣れるまではほぼ無料で利用できます。支払いは銀行振り込みや客種クレジットカード、電子マネーにも対応していて購入しやすくなっています。クレジットカードの請求名義は決済代行会社名で記録されるので同居人や家に来た友人にもバレたりすることはありません。配慮が素晴らしいですね。

 

ハッピーメールでの出会い方の流れを解説

基本的な出会い方の流れは、1探す、2プライベート用の連絡先交換、3実際にデートしてみる、という形です。ハッピーメールでの出会いの手段や量に関しては課金制度と密接に関係しているので、以下コストパフォーマンス型とスピード型の二通りに分けて流れを説明します。
まずコストパフォーマンス型は、基本的に無料のアクションを使って、好みの異性を絞ったりアプローチをしたりすることになります。無料のアクションは、画像や動画以外のプロフィール閲覧、日記の検索や閲覧やコメント、メッセージの受信や閲覧や定型文返信、掲示板の検索や投稿(1日に1回)や画像添付です。
1探す、についてはプロフィールや日記の検索は無料でできますので、比較的簡単に見つけることができます。この際、相手のプロフィール「画像」は課金をしないと見ることができません。しかし、ネット黎明期ならともかく、このご時世にネットに自分の顔を加工なしに公表することはむしろ稀ですので、気にすることはありません。課金して異性のプロフィール画像を見たところでネット用の画像と実物とはかなり異なります。どうしても本当の顔が知りたい方は、後のステップのプライベート用の連絡先交換まで待ちましょう。連絡先交換ができる程度に信頼関係が生まれれば自然と目当ての異性の方も素顔に近い画像を見せてくれます。
検索で好みの異性を見つけた後は、自分のプロフィールや日記を編集(無料)して、その相手が好みそうなものに変更しましょう。例えば、その異性がスポーツ観戦が趣味なら自分もスポーツ観戦が趣味と明記、その異性がゲームが趣味なら自分も同じようなゲームが趣味と明記します。これだけで相手の反応が大きく変わります。共通点があればコミュニケーションも円滑になりますし、共通の趣味を理由にのちのちデートも誘いやすくなります。相手の趣味が自分が全く経験したことがない趣味だった場合は、その日からその趣味を始めてみましょう。タイプの相手にアプローチするのは常に全力でないといけません。また、とにかく出会いの「量」を求める方はトラフィックが多い掲示板に投稿してアピールしてみるのもいいかもしれません。自分のことが気になってメッセージをくれる異性が増えるでしょう。
次にステップ2、プライベート用の連絡先交換について説明させていただきます。ハッピーメールの課金制度上、ここが一番の難関です。ですがポイントを押さえればそこまで難しいプロセスでもありません。無料でできるアプローチは基本的に相手の日記へのコメントと、受信メッセージへの定型文返信です。定型文返信ではプライベート用の連絡先は聞けないのであまり役に立ちません。日記へのコメントでさりげなく趣味が同じだということをアピールしてみましょう。日記へのコメントが日常的になってくると目当ての異性も当然あなたのことが気になってきますし、あなたのプロフィールや日記も閲覧するようになります。また、趣味の日記であれば相手も自然にコメントをくれたりするようになります。お互いに信頼関係が生まれるまでこのような関係をしばらく維持してアプローチのタイミングを見計らいましょう。相手が自然に日記のコメントを通してコミュニケーションをしてくれるようになったら、趣味の話を口実に有料でメッセージを送ってみましょう。際限なくメッセージのやり取りをするとポイントがどんどん減っていきますので、メッセージをする前に限度を決めてそれまでの間でチャレンジしてみます。いきなりプライベートの連絡先を要求するのではなく、あくまでも自然に聞いてみるのがポイントです。課金額とチャレンジのバランス調整が難しいですが、それは相手の魅力によるとしか言えません。プロフィールや日記だけで相手を判断するのは難しいですが、チャレンジする価値があると思ったのならある程度の出費は覚悟してやり取りをしてみるのもいいかもしれません。熱意が重要な場合もありますので。
ことがうまく運び、プライベートの連絡先を交換できた場合は、3実際にデートしてみるのステップに入ることになります。この段階では、まだお互いの性格しかわかっていませんので、デートのお誘いをする前にしばらくプライベート用の連絡先を使ってやり取りしてみましょう。通話してみるのもいいかもしれません。信頼関係が深まって相手の画像なども送ってもらえたりするかもしれませんし、制限なしのコミュニケーションでお互いの長所短所がよくわかるようになると思います。また、趣味の話題以外にも、どんな仕事をしているかとか、誰に似ていると言われるか、などいろいろと聞いてみましょう。その後タイミングを見計らって、デートのアプローチに入ります。
次にスピード型の出会い方の流れについて説明します。相当の課金額を覚悟してハッピーメールを利用することになりますが、好みの異性を見つけたらガンガンメッセージを送りましょう。メッセージの量はその異性への熱意と自分の収入の多さのアピールになります。ですが、あまりに課金しすぎると金遣いの荒い人や容量の悪い人などと思われてしまうので過度の課金は禁物です。特に気に入った異性にだけ集中的に課金するプランも効率がいいかもしれません。課金額を増やすことによって出会いの「量」が増えますので自然と自分の理想の異性と出会える確率がぐっと上がります。

 

ハッピーメールで出会うためのコツ

ハッピーメールで出会うためのコツは、ずばり「量」です。出会いは相手があることなので、自分がどれだけがんばろうがどれだけ課金しようがうまくいかない時はうまくいきません。ですので、無課金のプロフィールや日記の検索機能を使って、日常的に気になる相手を見つけることが重要です。そして、常に上述のスリーステップを繰り返すことが大事です。一回でうまくいく人は稀です。せっかくデートまでこぎつけたけど結局相手が現れなかったという場合でも、次の日には他の人にアプローチするぐらいの気概でがんばっていきましょう。また、このようなアプローチを繰り返しているうちに、ハッピーメールでのコミュニケーションの取り方などは自然に上達していきます。一回目より二回目の異性の方が実はすてきな人だった、なんていうことも十分ありえます。とにかく諦めずに「量」をこなしていくことが一番大切なポイントです。

 

 

ハッピーメールの機能を解説

・ハッピーメールチケット
キャンペーンクーポンの配布所のような機能です。コストパフォーマンス型でハッピーメールを利用してる方でも、このようなキャンペーンをうまく使えば有料システムが無料で利用できたりします。

・ハッピーメール一口コメント
500文字までで、自分のプロフィールに自由に書き込むことができます。自分の内面的なことについてアピールする重要なポイントなので、よく練ってから書き込むことをおすすめします。

・ハッピーメールプロフ画像
五つまでの画像をプロフィールに掲載できます。

・ハッピーメールいいね
TwitterやInstagramなど各種SNSでお馴染みのいいね機能です。有料ですが、SNSなどでの普段での習性からか、異性がいいねを返してくれる場合も多く、アプローチの際には有効な手段です。

・ハッピーメールタイプ
いいねの積極的版です。目当ての異性に対して「あなたがタイプ」と伝えることができます。有料ですが、積極的なアプローチをしたい場合に使いたいですね。

・ハッピーメール掲示板
私はほとんど使わなかった機能です。不特定多数の異性の注目を浴びたいと思う場合は利用してみるのも一手です。

・ハッピーメール似顔絵
自分の顔写真を送信すると、似顔絵になって帰ってくるサービスです。ノーマル、キュート、漫画、アバター、劇画と、いろいろなタイプから作ることができます。ノーマル以外は有料です。顔写真を公開したくない方は作ってみても面白いかもしれません。

・ハッピーメール足跡
目当ての異性のプロフィールを見た場合に、相手からも見られたことがわかるようになる機能です。相手に悟られたくない場合はオフにできます。

・ハッピーメールログインポイント
上述しましたが、ログインでポイントがもらえます。頻繁にログインしていると自然とたまるので、ここぞというときに一気に使えます。

・ハッピーメールメモ
自分以外のプロフィールに実装されています。出会いの「量」を求める方も、これがあれば相手のことを思い出してコミュニケーションできますね。

・ハッピーメールプロフィール検索
性別や地域や年齢など、さまざまな条件で異性を検索できます。検索は無料です。各種ソート機能もついています。

・メール機能
通常のメール機能のほか、プライベート用のアドレスと連携できる「らくらく返信」機能もあります。メールの送信は有料ですので注意しましょう。見るのはタダです。絵文字やスタンプ、画像や動画添付など一般のメールクライアントやSNSと同じような機能なので使いやすさに問題はありません。

・ハッピーメールボイスチャット
その名の通り通話機能です。ポイント消費が激しいのであまりおすすめしません。プライベートの連絡先を交換してから思う存分通話しましょう。

・ハッピーメール アバター
よくゲームなどで見られる、自分の人形のようなキャラクターです。基本無料で自分の好みにカスタマイズできますが、一部有料のものもあります。

ハッピーメール公式